遺言の全てを取り消す場合

遺言の全てを取り消す場合

        遺言書

遺言者山田太郎は、本日以前に作成した遺言書を全て取り消す。

 平成○○年○月○日
                               遺言者 山田太郎 ㊞

または、

        遺言書

遺言者山田太郎は、次のように遺言する。

遺言者山田太郎は、○年○月○日に作成した公正証書遺言のすべてを取り消す。

 平成○○年○月○日
                               遺言者 山田太郎 ㊞

解説:
遺言書の取り消しは自由にできます。
また、作成した遺言と違う形式でも取り消す事ができます。
例えば、公正証書遺言で作成した場合でも、自筆証書遺言によって取り消す事ができるという事です。

さらに、自筆証書遺言であれば、単純に取り消したい遺言書を破棄するという方法もあります。

タグ


»
«