遺言が特に必要 なケース

遺言が特に必要 なケース

基本的には、遺言は作っておいた方がよいですが、以下に挙げるようなケースは、特に必要だと思います。

  • 相続人がいない場合
    (特別縁故者もいない場合は、財産が国庫に帰属してしまう)
  • 事実上離婚している場合
    (事実上離婚していても、配偶者の法定相続分は変わらないから)
  • 内縁関係の場合
    (内縁関係では相続人になれない為、内縁関係の相手に遺産を残すには遺言が必要)
  • 事業を特定の者に継承させたい場合
  • 相続人同士が不仲である場合
    (無用な相続争いをさせないために)
  • 子供のいない夫婦の場合
    (子供がいないと、直系尊属や兄弟姉妹が相続人になってしまうために、配偶者に渡る財産が減ってしまう。下手をすると、住む家がなくなってしまう場合もある)
  • 法定相続人でない者に遺産を与えたい場合

この他にも、いろいろなケースがあると思いますが、とりあえず、上に挙げた項目に当てはまる人は、遺言書を作成しておくことを強くお勧めします。

タグ

|

カテゴリ: 遺言の基本


»
«