特別受益 (とくべつじゅえき) 【法律用語】

特別受益 (とくべつじゅえき) 【法律用語】

特別受益とは、相続人が被相続人から生前に贈与を受けていたり、遺贈を受けたりした場合、相続人の公平を期すために、これらを考慮して受贈者の受けた財産を遺産に戻して、相続財産とみなすことを言います。

特別受益のページ

タグ

|

カテゴリ: た行


»
«