相続税

相続税

相続税について

まず、相続税全般についてですが、税法は頻繁に変わりますし、非常に難しいので、相続税や贈与税がかかりそうな人は、税務署や税理士に相談されることをお勧めします。
ここでは、ほんの基本的なことだけを説明します。

相続税の基礎控除

相続税には、基礎控除というのもがあります。
これは、5000万+(1000万×相続人の数)までは相続税がかからないという制度です。

例:相続人が配偶者、子3人の場合
5000万+(1000万×4)=9000万
つまり、相続財産が9000万円以下であれば、相続税はかからないということになります。

この基礎控除によって、相続税がかかるケースは非常に少ないと言われています。

年間110万円以内の生前贈与は非課税
贈与税は相続税よりも高いのですが、年間110万円までなら贈与税が課税されません。
これは、受け取った人間について考えますから、子供3人に年間110万円ずつ、10年間贈与し続けると、3300万円を移すことができます。

その他、いろいろな制度があります

この他にも、いろいろな控除や制度がありますので、税金でお困りの方は、税理士に相談しましょう。
節税などを考えると、自分でやるよりも税理士にお金を払った方が得をするケースが多いです。

タグ

|

カテゴリ: 相続の基本


»
«