内縁のタグを付けられた記事一覧

相続人 の 調査

誰が相続人になるのか

遺言を書く前に、相続人は誰かと言うことを考えておかなければなりません。
相続人には、順位があり、あなたが死亡した時点の関係で決まります。

配偶者(夫・妻)がいる場合は、常に相続人となります。

それとは別に、
第1順位は被相続人の子(直系卑属)、(配偶者がいれば配偶者)
第2順位は直系尊属(親や祖父母)、(配偶者がいれば配偶者)
第3順位は兄弟姉妹(またはその子)(配偶者がいれば配偶者)
となります。

この順位は、配偶者がいてもいなくても変わりません。

※相続人の順位については、→相続人のページで詳しく解説しています。

配偶者の有無、それと相続人の順位を考慮して、「推定相続人」が誰になるか考えます。
なぜ「推定」なのかというと、相続人はあなたが死亡した時点で確定するからです。
仮に、現在、配偶者と子2人が相続人になるだとうと考えていても、
実際に相続が開始するとき、つまり、あなたが死亡した時点で生きている事が必要ですので
もし、あなたより先に、死亡した者は、相続人になれないのです。
(しかし、代襲相続という制度もありますので注意してください)
なので、あくまでも「推定相続人」なのです。

推定相続人を考慮するうえで注意しなければならないのは、

  • 前妻の子や隠し子がいる場合
  • 内縁の夫や妻、別居中の配偶者がいる場合
  • 代襲相続がある場合
  • 相続欠格や廃除がある場合

等です。

この他にも注意しなければならない事はたくさんあります。

推定相続人の時点で間違えてしまうと、せっかくの遺言書も
台無しになってしまう場合がありますので、注意が必要です。
オーソドックスな事例以外は、専門家の無料相談などを利用すると良いでしょう。

次のページ>法定相続分と遺留分を考える

タグ

2009年04月24日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 遺言書の書き方

遺言が特に必要 なケース

基本的には、遺言は作っておいた方がよいですが、以下に挙げるようなケースは、特に必要だと思います。

  • 相続人がいない場合
    (特別縁故者もいない場合は、財産が国庫に帰属してしまう)
  • 事実上離婚している場合
    (事実上離婚していても、配偶者の法定相続分は変わらないから)
  • 内縁関係の場合
    (内縁関係では相続人になれない為、内縁関係の相手に遺産を残すには遺言が必要)
  • 事業を特定の者に継承させたい場合
  • 相続人同士が不仲である場合
    (無用な相続争いをさせないために)
  • 子供のいない夫婦の場合
    (子供がいないと、直系尊属や兄弟姉妹が相続人になってしまうために、配偶者に渡る財産が減ってしまう。下手をすると、住む家がなくなってしまう場合もある)
  • 法定相続人でない者に遺産を与えたい場合

この他にも、いろいろなケースがあると思いますが、とりあえず、上に挙げた項目に当てはまる人は、遺言書を作成しておくことを強くお勧めします。

タグ

2009年04月04日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 遺言の基本

配偶者 (はいぐうしゃ) 【法律用語】

配偶者とは結婚した相手、つまり夫、妻のことをいう。
法律上、配偶者と認められるためには、戸籍上の婚姻の届出が必要であり、婚姻の届出のしていない「内縁関係」や、すでに離婚した者は配偶者とは認められない。

相続関係では、配偶者は生きていれば常に相続人になる。

タグ

2009年04月03日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: は行

内縁の妻は内縁の夫の遺産を相続できるか

内縁の妻(夫)といっても、配偶者ではありませんので、相続権はありません。
内縁の妻(夫)に財産を残したいときは、婚姻して配偶者になっておくか、それが無理な場合は、遺言を残しておきましょう。
ただし、他の相続人の遺留分を侵害する場合は、遺留分減殺請求の対象となりますので注意してください。

また、内縁の妻(夫)であっても、相続人が不存在の場合は、特別縁故者として財産分与を受けることができる場合があります。

タグ

2009年04月02日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続Q&A

内縁(ないえん)【法律用語】

内縁とは、婚姻の意思は有し、事実上も婚姻生活を営んでいるものの、
婚姻届を出していないので、法律上の夫婦と認められない関係をいいます。

内縁の妻、などといいます。

内縁の関係にあったとしても、相続人になることはできません。
ただし、相続人がいない場合に、特別縁故者として財産の分与を受けることはありえます。

タグ

2009年04月01日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: な行