失踪宣告のタグを付けられた記事一覧

失踪宣告 (しっそうせんこく) 【法律用語】

失踪宣告とは、不在者の生死不明の状態が継続した場合に、家庭裁判所の宣告により不在者が死亡したように取り扱う制度。

普通失踪と特別失踪があり、普通失踪は7年、特別失踪は、戦争が止んだ後、船舶が沈没した後またはその他の危難が去った後1年の失踪期間の継続が要件となっている。

失踪宣告がされると、不明者は死亡したものとして見なされる。

タグ

2009年04月03日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: さ行

相続人の不存在

相続人の不存在

相続人のあることが明らかでないとき(相続人がいないことが明らかなときも含む)は、相続財産は法人となります。その後家庭裁判所において相続財産管理人が選任公告されます。相続人がいることが明らかになった場合には、相続財産法人は存在しなかったものとみなされ、相続財産の管理・清算は廃止されます。相続人がいることが明らかにならなかった場合は、その後、特別縁故者への財産分与がなされ、それでもなお財産が残る場合には、相続財産は国庫に帰属することになります。

→この記事の続きを読む

タグ

2009年03月12日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続の基本

相続の開始

相続はいつ開始するか

相続は、被相続人が死亡すると同時に開始されます。
被相続人が持っていた財産や負債は、死亡したときに相続人が継承します。(放棄などもできます)

→この記事の続きを読む

タグ

2009年03月02日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続の基本

相続とは

相続とは、ある人間の死亡(または失踪宣告)によって開始する、財産の移動や分配のことをいいます。
相続人となるのは、配偶者と一定の血族です。

→この記事の続きを読む

タグ

2009年02月26日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続の基本