検認のタグを付けられた記事一覧

検認 (けんにん) 【法律用語】

検認とは、遺言執行前の遺言書の形式その他の状態を調査確認し、その保存を確実にするための手続きです。

公正証書遺言以外の形式の遺言書は、家庭裁判所に検認を請求しなければなりません。

また、開封してある遺言書については、家庭裁判所において、相続人またはその代理人の立会いがなければ開封することができません。

検認を受けなかったり、勝手に開封したりすると、5万円以下の過料が課される場合があります。

詳しくは→遺言の執行 | 相続と遺言の事が何でもわかるサイト

タグ

2009年04月17日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: か行

遺言の執行

遺言の執行とは

遺言の執行とは、遺言の内容を実現するために必要な一切の事務を行うことです。
具体手にいうと、不動産の登記や動産の引渡しなどです。
遺言の中には、相続分の指定や遺産分割の禁止などのように、執行を必要としないものもありますが、多くの場合は執行を要します。

→この記事の続きを読む

タグ

2009年03月28日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 遺言の基本