相続財産のタグを付けられた記事一覧

最後に

満足のいく遺言書はできましたか?

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。
満足がいく遺言書は作成できましたでしょうか。

もしも不安な事がありましたら、一度、専門家に相談する事をお勧めします。
無料相談をしている専門かも大勢いますので、インターネットなどで検索してみてください。

最後に、遺言書作成における各専門家の特性を書いておきます。
依頼する場合の参考にしてください。

弁護士
誰もが知る、法律のプロフェッショナル。
相続財産が高額な場合や、複雑な場合は弁護士に頼むのが良いかもしれません。

行政書士
遺言書などの書類を作成するプロフェッショナル。
価格が比較的安い。
とりあえず、何を相談したら良いかも分からない場合は行政書士に相談すると良いでしょう。

公証人
公正証書遺言を作成する場合にお世話になる専門家。
自分で直接、公証人に依頼する事も可能です。

最後に

では、これで「自筆証書遺言の書き方」のカテゴリ記事は終了となります。
皆様が有効な遺言を作成されて、無用な遺産相続争いの起こらない事を
心から願っています。

また、遺言書の文例サンプルをご用意しましたので、参考にして頂けたら幸いです。

遺言書の文例サンプル

カテゴリ:「遺言書の書き方」記事一覧

  1. 自分で書ける 遺言方式
  2. 遺言書の書き方
  3. 相続人の調査
  4. 法定相続分と遺留分を考える
  5. 相続財産の価値を調べる
  6. 遺言書を実際に書いてみる
  7. 遺言書に加除修正をする場合
  8. 遺言書を封印する場合
  9. 内容に自信がないときは
  10. 公正証書遺言のすすめ
  11. 遺言書の保管方法
  12. 最後に

タグ

2009年04月30日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 遺言書の書き方

内容に自信がないときは

相続財産の調査などが自分ではできない場合

さて、ここまで自筆証書遺言の作成方法を書いてきましたが
ここまで書いた事で、自分でできなさそうと思う事があれば
専門家に相談する事をおすすめします。

遺言は自分で書く場合でも、相続財産の調査だけなどを
専門家はたくさんいますので、もし難しいと思ったら専門家に相談する方が良いでしょう。

遺言書の添削サービスもある

書きあがった遺言書を添削するサービスを提供している専門家もいます。
そういったサービスを利用するのもいいでしょう。

最初から専門家にまかせる事も

遺言書作成の最初の段階から専門家に相談し、
草案を書いてもらい、それを自分で清書するという方法もあります。

このようなサービスは、少しお金はかかりますが、
法的な要件や、相続財産の調査、遺留分を考慮した内容など、
安心を買うと思えば安いものかもしれません。

次のページ>公正証書遺言のすすめ

タグ

2009年04月29日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 遺言書の書き方

死亡退職金は相続財産 に含まれるか

死亡退職金は、一般的には相続財産に含まれないとされています。

タグ

2009年04月02日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続Q&A

生命保険金は相続財産に含まれるか

生命保険金が相続財産に含まれるかどうかは、受取人が誰になっているかで決まります。

受取人が被相続人になっていれば、その地位を受け継ぐのですから、相続財産となります。
受取人が他の人になっている場合は、相続財産とはみなされません。

タグ

2009年04月02日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続Q&A