相続人のタグを付けられた記事一覧

尊属 (そんぞく) 【法律用語】

尊属とは、自分の父や母、おじいちゃんやおばあちゃんのように、自分よりも上の世代の親族をいいます。

直系尊属と傍系尊属とがあり、相続人となる可能性があるのは、直系尊属です。

タグ

2009年04月17日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: さ行

血族相続人 (けつぞくそうぞくにん) 【法律用語】

血族相続人になれるのは、被相続人の子、直系尊属(父や祖父)、兄弟姉妹に限定されています。
ただし、この中の全員が相続人になれる訳ではなく、相続順位が決められています。
血族相続人は、次の順位で相続人となります。

第一順位 被相続人の子
第二順位 直系尊属
第三順位 兄弟姉妹

詳しくは→相続人 | 相続と遺言の事が何でもわかるサイト

タグ

2009年04月17日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: か行

推定相続人 (すいていそうぞくにん) 【法律用語】

推定相続人とは、民法の規定によって、相続人になることがあり得る者のことをいう。
ある被相続人のある時点での「推定」相続人なので、実際に相続人になる事が確定している訳ではない。

タグ

2009年04月13日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: さ行

胎児は相続人になれるか

胎児は相続に関しては、すでに生まれたものとみなされます。
相続人になれるということです。

しかしこれは、無事に生きて生まれてきた場合であり、流産や死産の場合は、残念ながら相続人にはなれません。

タグ

2009年04月02日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続Q&A

相続人

総説

相続人になれる人間は、民法で定められています。
民法で定められた相続人を、「法定相続人」といいます。
法定相続人は、「配偶者相続人」と「血族相続人」があります。

→この記事の続きを読む

タグ

2009年03月03日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続の基本

相続の開始

相続はいつ開始するか

相続は、被相続人が死亡すると同時に開始されます。
被相続人が持っていた財産や負債は、死亡したときに相続人が継承します。(放棄などもできます)

→この記事の続きを読む

タグ

2009年03月02日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続の基本

相続とは

相続とは、ある人間の死亡(または失踪宣告)によって開始する、財産の移動や分配のことをいいます。
相続人となるのは、配偶者と一定の血族です。

→この記事の続きを読む

タグ

2009年02月26日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続の基本