推定相続人とは、民法の規定によって、相続人になることがあり得る者のことをいう。
ある被相続人のある時点での「推定」相続人なので、実際に相続人になる事が確定している訳ではない。