遺言書の保管方法

遺言書の保管方法

発見してもらえる場所に

せっかく作成した遺言書ですが、遺言書の保管という問題もあります。
考えれる方法としては、

  • 家の金庫に入れておく
  • 家族や知人に預ける
  • 自分の机の引き出しなど、見つけやすいところに
  • 銀行の貸し金庫
  • 信託銀行に預ける
  • 専門家に預ける

この他にもいろいろとあると思いますが、一般的にはこのくらいではないでしょうか。
知人などに預ける場合は、偽造のリスクを減らすために、
同じ遺言書を数通作り、数人に預けるという方法もあります。
また、先述した公正証書遺言ならば、公証人役場に元本が残りますので
偽造や破棄の恐れがありませんが、その場合でも、家族や知人に
「公正証書遺言を作成した」という事を伝えておいた方が良いです。

遺言書の内容の秘密を守りたい場合は、信託銀行や専門家に預けるのが良いでしょう。
その場合も、信託銀行や専門家に遺言書を預けてあるという事は伝えておいた方が
相続手続きがスムーズに進むでしょう。

次のページ>最後に

タグ

|

カテゴリ: 遺言書の書き方


»
«