相続の放棄のタグを付けられた記事一覧

相続の放棄 (そうぞくのほうき) 【法律用語】

相続を放棄をすると、その者は初めから相続人にならなかったものとみなされます。
つまり、何の権利も受け継がないが、義務も受け継がないという事になります。
相続人の1人が相続の放棄をした場合は、他の相続人の相続分が増えることになります。

例を挙げてみると、相続人が、妻と子供2人だった場合、
通常は、妻2分の1、子がそれぞれ4分の1となりますが、このうちの子1人が相続の放棄をした場合には、
妻2分の1、子(放棄していない方の)が2分の1となります。

相続の承認と放棄

タグ

2009年04月17日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: さ行

相続を放棄すると生命保険金はもらえないか

相続を放棄した相続人が生命保険金を受け取れるかどうかは、生命保険の受取人が誰になっているかが問題になります。
被相続人が受取人になっている場合は、保険金を受け取る地位を相続する訳ですから、生命保険金は相続財産となり、従って、相続の放棄をした相続人は生命保険金を受け取れない事になります。

受取人が、被相続人以外の者に指定されていた場合は、相続の放棄とは関係なく生命保険金を受け取ることができます。
例えば、保険金の受取人が妻になっており、妻が相続の放棄をした場合などです。
この場合でも、妻は生命保険金を受け取ることができます。

タグ

2009年04月02日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続Q&A

借金を相続 したくない が、どうしたら良いか

相続財産の中にプラスの財産よりもマイナスの財産の方が明らかに多い場合は、相続の放棄をするのが良いでしょう。
プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いのか不明だというときは、限定承認という方法があります。
ただし、限定承認は、相続人全員の合意がなければすることができません。

また、相続の放棄も限定承認も、相続の開始を知った時から3ヶ月以内にしなければならないので注意してください。

タグ

2009年04月02日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続Q&A

相続の放棄 をする約束で結婚したが、相続権はどうなるか

相続の放棄は、相続開始前にあらかじめすることはできません。
相続が開始してからでないと放棄はできないのです。
相続を放棄するという約束は、相続の放棄には当たりません。
この約束は法律上、無効と考えられます。

タグ

2009年04月02日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続Q&A

相続の承認と放棄

相続の承認及び放棄をすべき期間

相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、相続の承認(単純承認もしくは限定承認)または放棄をしなければなりません。これを熟慮期間と言います。相続人はこの期間内に相続財産の調査をして、相続を承認するか放棄するかを決めることになります。熟慮期間は、家庭裁判所による伸長の制度もあります。熟慮期間内に限定承認または放棄をしないと、単純承認したとみなされてしまいます。(法定単純承認)

→この記事の続きを読む

タグ

2009年03月12日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続の基本

相続人

総説

相続人になれる人間は、民法で定められています。
民法で定められた相続人を、「法定相続人」といいます。
法定相続人は、「配偶者相続人」と「血族相続人」があります。

→この記事の続きを読む

タグ

2009年03月03日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続の基本

相続とは

相続とは、ある人間の死亡(または失踪宣告)によって開始する、財産の移動や分配のことをいいます。
相続人となるのは、配偶者と一定の血族です。

→この記事の続きを読む

タグ

2009年02月26日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続の基本