相続の放棄のタグを付けられた記事一覧

相続の放棄 (そうぞくのほうき) 【法律用語】

相続を放棄をすると、その者は初めから相続人にならなかったものとみなされます。
つまり、何の権利も受け継がないが、義務も受け継がないという事になります。
相続人の1人が相続の放棄をした場合は、他の相続人の相続分が増えることになります。

例を挙げてみると、相続人が、妻と子供2人だった場合、
通常は、妻2分の1、子がそれぞれ4分の1となりますが、このうちの子1人が相続の放棄をした場合には、
妻2分の1、子(放棄していない方の)が2分の1となります。

相続の承認と放棄

タグ

2009年04月17日
相続の放棄 (そうぞくのほうき) 【法律用語】 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: さ行

関連書籍

相続関連本 売れ筋ランキング(アマゾン)


タグ

2009年04月04日
関連書籍 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ:

ホーム

相続・遺言でお困りの事はございませんか?

はじめまして、愛知県名古屋市で相続・遺言を専門に取り扱っております、
行政書士の落合健太郎と申します。

相続手続でお困りの事はございませんか?

遺言書の作成について悩んでおられませんか?

当事務所は、地域密着型の「何でも話せる行政書士」を目指しておりますので、どんな小さな事でも、お気軽にお問合せください。

相続無料相談

遺言無料相談

ご自分やご家族にもしもの事があったら・・・

ご自分やご家族にもしもの事があった場合、財産関係など、どうなるか知っておられますか?
これがなかなか勘違いされている方が多く、取り返しの付かない悲劇を生んでしまう事もあるのです。
ですから、「もしもの時はどうなるか」という事を一度お調べになり、必要であれば事前に対策を行うことが大切です。

このサイトでは、一般的な知識や遺言書の書き方なども解説しておりますので、参考にして頂ければ幸いです。
無料相談も受け付けておりますので、どうかご利用ください。

愛知県近郊の相続・遺言なら

当事務所は、愛知県とその近郊に業務範囲を絞り、地域密着型の行政書士事務所として、お客様の相続や遺言に関するお手伝いをさせて頂いております。

財産分け、遺産分割、名義変更などの相続手続きのお手伝いをはじめ、生前の相続対策としての遺言書作成も承っております。

お客様に必要事項を十分に納得して頂いた上で、遺産分割や遺言書作成を支援致します。

メインメニュー

  • 相続の基本
    相続についての基本事項を知りたい方は、こちらをチェック!
    基本から実践までやさしく解説しています。


  • 遺言の基本
    遺言についての基本事項を知りたい方は、こちらをチェック!
    基本からやさしく解説しています。


  • 遺言書の書き方
    遺言書を自分で書いてみたい方はこちら

サブメーニュー

  • 遺言書の文例サンプル
    いろいろなケースでの文例サンプルをいくつか用意しました。
    遺言書を作成される場合に参考にしてください。


  • よくある質問と答え
    よくある質問と答えをまとめてみました。
    特に問題になるのは、内縁関係・連れ子・遺留分・寄与分・特別受益・遺産分割などです。


  • 遺言・相続用語辞典
    法律用語の用語辞典です。
    知らない用語が出てきたら、こちらで調べてみてください。


  • 関連書籍
    関連書籍のAmazon売れ筋ランキングです。


  • リンク
    行政書士・司法書士・税理士・弁護士を始め
    関連サイトへのリンク集です。


対応地域

名古屋市全域 中村区 中区 熱田区 西区 東区 北区 南区 港区 中川区 天白区 緑区 昭和区 名東区 千種区 守山区 瑞穂区 海部郡 甚目寺町 蟹江町 七宝町 大治町 美和町 津島市 稲沢市 弥富市 清須市 愛西市 新川町 枇杷島 豊明市 刈谷市 東浦町 東海市 豊田市 知立市 岡崎市 春日井市 一宮市 その他愛知県全域

タグ

2009年04月04日
ホーム はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ:

相続を放棄すると生命保険金はもらえないか

相続を放棄した相続人が生命保険金を受け取れるかどうかは、生命保険の受取人が誰になっているかが問題になります。
被相続人が受取人になっている場合は、保険金を受け取る地位を相続する訳ですから、生命保険金は相続財産となり、従って、相続の放棄をした相続人は生命保険金を受け取れない事になります。

受取人が、被相続人以外の者に指定されていた場合は、相続の放棄とは関係なく生命保険金を受け取ることができます。
例えば、保険金の受取人が妻になっており、妻が相続の放棄をした場合などです。
この場合でも、妻は生命保険金を受け取ることができます。

タグ

2009年04月02日
相続を放棄すると生命保険金はもらえないか はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続Q&A

借金を相続 したくない が、どうしたら良いか

相続財産の中にプラスの財産よりもマイナスの財産の方が明らかに多い場合は、相続の放棄をするのが良いでしょう。
プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いのか不明だというときは、限定承認という方法があります。
ただし、限定承認は、相続人全員の合意がなければすることができません。

また、相続の放棄も限定承認も、相続の開始を知った時から3ヶ月以内にしなければならないので注意してください。

タグ

2009年04月02日
借金を相続 したくない が、どうしたら良いか はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続Q&A

相続の放棄 をする約束で結婚したが、相続権はどうなるか

相続の放棄は、相続開始前にあらかじめすることはできません。
相続が開始してからでないと放棄はできないのです。
相続を放棄するという約束は、相続の放棄には当たりません。
この約束は法律上、無効と考えられます。

タグ

2009年04月02日
相続の放棄 をする約束で結婚したが、相続権はどうなるか はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続Q&A

相続の承認と放棄

相続の承認及び放棄をすべき期間

相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、相続の承認(単純承認もしくは限定承認)または放棄をしなければなりません。これを熟慮期間と言います。相続人はこの期間内に相続財産の調査をして、相続を承認するか放棄するかを決めることになります。熟慮期間は、家庭裁判所による伸長の制度もあります。熟慮期間内に限定承認または放棄をしないと、単純承認したとみなされてしまいます。(法定単純承認)

→この記事の続きを読む

タグ

2009年03月12日
相続の承認と放棄 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続の基本

相続人

総説

相続人になれる人間は、民法で定められています。
民法で定められた相続人を、「法定相続人」といいます。
法定相続人は、「配偶者相続人」と「血族相続人」があります。

→この記事の続きを読む

タグ

2009年03月03日
相続人 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続の基本

相続とは

相続とは、ある人間の死亡(または失踪宣告)によって開始する、財産の移動や分配のことをいいます。
相続人となるのは、配偶者と一定の血族です。

→この記事の続きを読む

タグ

2009年02月26日
相続とは はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続の基本