愛知県の遺言・相続なら「かなで行政書士法人」

愛知県名古屋市の遺言相続専門の行政書士事務所です。どうぞお気軽にお問い合わせください。

「遺留分」の記事一覧

相続財産の価値を調べる

相続人が1人の場合や、相続財産が現金だけの場合などは必要ありませんが相続財産の中に、不動産など、一見しただけでは価値が分からない財産はその価格を調査しておきます。

遺言によってできる事

遺言によって何ができるかについて解説しています。遺言によってできる事には、「遺言によらなければならないこと」と「遺言でも生前行為でもできること」があります。

遺留分減殺請求権

被相続人による、生前贈与や遺贈によって、相続人の取り分が遺留分よりも不足する事になった場合は、遺留分の限度まで、贈与や遺贈を取り戻す請求をすることができます。これを遺留分減殺請求権と言います。

遺留分

基本的に被相続人は遺言によって自由に自己の財産を分配慰することができますが、法定相続人が受け取れる最低限の割合が民法で保証されています。これを遺留分といいます。

相続人

相続人になれる人間は、民法で定められています。民法で定められた相続人を、「法定相続人」といいます。法定相続人は、「配偶者相続人」と「血族相続人」があります。