特別受益のタグを付けられた記事一覧

特別受益の持ち戻しを免除する場合

        遺言書

遺言者山田太郎は、次のように遺言する。

   ( 中 略 )

5.次男二郎に事業を興すために援助した1000万円については
  特別受益の持ち戻しを免除する。

 平成○○年○月○日
                               遺言者 山田太郎 ㊞

解説:
生前に贈与したものを、遺産の前渡し分として計算する、「特別受益」という制度があります。
通常は、特別受益の分は、相続財産に戻したものとして相続分が計算されます。
これを「持ち戻し」というのですが、これを遺言によって免除する事ができます。

また、一切の特別受益の持ち戻しを免除することも、もちろん可能です。

タグ

2009年05月01日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 遺言書の文例サンプル

特別受益 (とくべつじゅえき) 【法律用語】

特別受益とは、相続人が被相続人から生前に贈与を受けていたり、遺贈を受けたりした場合、相続人の公平を期すために、これらを考慮して受贈者の受けた財産を遺産に戻して、相続財産とみなすことを言います。

特別受益のページ

タグ

2009年04月17日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: た行

持戻し (もちもどし) 【法律用語】

特別受益がある場合は、通常、相続財産の中に加えます。
これを持戻しといいます。
また、遺言によってこれを免除することができます。

タグ

2009年04月03日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ま行

特別受益

特別受益とは

特別受益をは、相続人が被相続人から贈与や遺贈を受けたときに、他の相続人との公平を期するため、これを相続分から差し引く制度です。
相続人の受けた贈与は、特別受益として、全て相続財産に加算されます。
ただし、被相続人の意思によって、これを免除することができます。

→この記事の続きを読む

タグ

2009年03月30日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続の基本

遺言によってできる事

遺言によってできる事には、「遺言によらなければならないこと」と「遺言でも生前行為でもできること」があります。

→この記事の続きを読む

タグ

2009年03月27日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 遺言の基本

相続分

法定相続分

遺言によって相続分や遺産分割の方法の指定がない場合は、
民法の定めによって、相続分を決めることになります。
これを法定相続分といいます。法定相続分は、相続人の構成によって変わってきます。

→この記事の続きを読む

タグ

2009年03月12日
コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 相続の基本