相続欠格とは、本来相続人になるべき者であっても、相続に関して、不正に利益を得ようとしたものや、犯罪や重要な非行を犯したりした者から相続権を失わせる制度。

廃除とは違い、相続欠格に該当する行為があった場合は、当然に相続権を失う事になる。